野外災害救急法(WAFA)講習会(20170403~06)

3GAKUの潤&理沙、アドバイザーの長谷川ガイドは、

他の仲間たちとともに「野外災害救急法」の新規取得&更新講習を受講して、無事に資格を取得できました!!

今回、お世話になったのは、

Wilderness Medical Associates (Japan)」のWilderness Advanced First Aid (WAFA)4日間40時間コース

これまで東北での開催は殆どなかったため、

東北山岳ガイド協会 (TAGA)福島支部主催の招致開催として国立那須甲子青少年自然の家にて実施しました。

講師は、代表のサム(横堀さん)とインストラクターのゲン(坂本さん)。

お二人には、4日間、みっちりと、そしてとても丁寧に指導していただきました。

 

今回の参加者はTAGA福島支部と同宮城支部、

ホールアース自然学校 福島校、いいざかサポーターズクラブから集まった総勢13名。

みなさん、フィールドは違えど野外で活動するプロフェッショナルです。

  

講習は血糊をはじめとする特殊メイクまで施して、実践さながらの様相で行われます。

屋内講義&講習

野外での実習

屋内実習

夜の野外実習

屋内実習

4日間、ひたすら野外災害救急法のトライ&エラーを繰り返します。

直ちに生命を奪う複数の問題を抱え、かつ、刻々と変わる容態・状況を見極めながら、傷病者の命をいかにつなげるか。

とてもシビアな状況では、クリティカルな判断も求められます。

参加者はみんな真剣に課題に取り組みました。

実習前の傷病者役(雪山で2日間さまよっていた遭難者役)

実習前の傷病者役(腹部に大ダメージを受けた傷病者役)

低体温症の傷病者役

ほぼ死人ですね(長谷川ガイド)

 

最終日には、筆記試験と実技試験がありましたが、

全員無事に資格を取得できました!!

 

私たちガイドは、フィールドでの安全管理責任者でもあります。

本講習会で覚えた知識・技術を実際に使うことのないように、使わねばならない場合は確実にできるように、より一層の安全管理に努めていきたいと思います。

今回は、危急時にクライアントや仲間の命を守るという自信と責任感がより一層強くなった素晴らしい講習会でした。

 

juni*